パスポート取得や帰化申請前に韓国家族関係登録簿整理を忘れずに!日本で一番親切な韓国家族関係登録簿の専門事務所をめざして!韓日翻訳・日韓翻訳・正確迅速!

住所

〒616-8171
京都市右京区
太秦青木ケ原町3-102

その他

平日 9:00~17:30

075-871-4573

お問合せフォームはこちら

質問16.

相続登記をしたいのですが、戸籍法が変わって、領事館でどの書類を申請すればいいのか判りません。

相続登記をしたいのですが、被相続人が昭和60年に帰化しており、出生から帰化するまでの韓国の戸籍が必要と法務局に言われました。

しかし戸籍法が変わって、領事館でどの書類を申請すればいいのか判りません。 法務局に聞いてもはっきりしません。教えて下さい。

又、そちらにお願いすれば取り寄せから翻訳までしていただけますか?その場合料金はいくらですか?

(大阪府在住T・K様) 

 

相続登記には、出生から国籍喪失までが記載された被相続人の除籍謄本を「本籍・戸主」別に全て取り寄せれば済みます。
普通の方で3種類前後あります。そして日本語翻訳文が必要です。

最初に2008年度から韓国では「戸籍制度」が廃止され、新たに「家族関係登録制度」が施行されました。詳しくはホームページをご覧下さい。 

被相続人が1985年(昭和60年)に帰化されたそうですが、日本への帰化に因る「国籍喪失申告」(当然に韓国籍喪失という意味)が済んでいれば除籍処理されていますので、2008年度からの新しい家族関係登録簿は作成されていません。

従って相続登記には、出生から国籍喪失までが記載された被相続人の除籍謄本を「本籍・戸主」別に全て取り寄せれば済みます。普通の方で3種類前後あります。そして日本語翻訳文が必要です。
 

当事務所に依頼されるなら、相続登記用の除籍謄本取り寄せ:43,200円(以下全て税込み)、4通までは同一料金、超過分は1通3,240円。翻訳代金:横書きタイプ1ページ2,700円、古い縦書きタイプ5,400円です。 

1986年以降に帰化された方の「国籍喪失申告」は駐日韓国大使館が日本の法務省から連絡を受けて一括処理しています。つまり本人が手続きしなくても除籍処理されています。

ところが、それ以前のものは、個人が「国籍喪失申告」をする必要があるのですが、それをしていない方がとても多いです。この場合なら以下のようになります。 
 

①被相続人の家族関係登録簿の各種証明書の取り寄せ(普通の取り寄せ):9,720円(4通まで)、超過分1通1,080円。・・・1週間から10日で来ます。

②被相続人の「国籍喪失申告」:32,400円。

③被相続人が記載されている全ての除籍謄本と、国籍喪失により閉鎖された家族関係登録簿の各種証明書の取り寄せ(相続登記用の取り寄せ):43,200円(以下全て税込み)4通までは同一料金、超過分は1通3,240円。・・・②と③を同時申請後、通常半月から1ヶ月で来ます。

④翻訳代金:横書きタイプ1ページ2,700円、古い縦書きタイプ5,400円です。 
 

以上、要点のみ説明しました。因みに当事務所は韓国家族関係登録簿(韓国戸籍)の専門事務所です。

無料相談実施中

075-871-4573

営業時間:9:00~17:30
※夜間20時までは電話をお受けします(土日祝祭日除く)

ご連絡先はこちら

韓国家族関係登録簿整理申請支援事務所

住所

〒616-8171
京都市右京区太秦青木ヶ原町3-102

アクセス

JR嵯峨野線
「太秦(うずまさ)」駅徒歩7分

営業時間

平日  9:00~17:30
※夜間20時まで電話受付可能

075-871-4573

075-862-3117

mail@koreakoseki.com