パスポート取得や帰化申請前に韓国家族関係登録簿整理を忘れずに!日本で一番親切な韓国家族関係登録簿の専門事務所をめざして!韓日翻訳・日韓翻訳・正確迅速!

住所

〒616-8171
京都市右京区
太秦青木ケ原町3-102

その他

平日 9:00~17:30

075-871-4573

お問合せフォームはこちら

質問19

韓国の正式なパスポートを取得したく、今回戸籍の整理をしようと思うのですが・・・

韓国の正式なパスポートを取得したく、今回戸籍の整理をしようと思うのですが、父母とも韓国に戸籍はありません。父母とも「朝鮮籍」です。

自分一人の戸籍を作ってもかまわないのですが、その場合妹を戸籍に載せることは可能なのでしょうか?

また、父が韓国籍に変えるのを嫌がっており、例えば母親を主体とした戸籍を作ることは可能なのでしょうか? 

今から家族関係登録簿(戸籍)に記載される人は、原則として韓国籍に変える必要があります。但し、例外的に、条件が揃えば「朝鮮籍」のままでも可能な場合があります。

日本の法律上では、ご両親の婚姻中の子として、ご姉妹の出生届がされているという前提で説明します。 

今から家族関係登録簿(戸籍)に記載される人は、原則として韓国籍に変える必要があります。
但し、例外的に、条件が揃えば「朝鮮籍」のままでも可能な場合があります。

これは、当事務所が領事館を経由することなく手続きするから可能であって、領事館は、原則として「朝鮮籍」の書類を扱いません。 

母親だけ登録簿を作って、韓国の法律上は、母親の婚姻外の子として出生整理をして、あなたと妹の登録簿を作ることが可能です。
但し、この場合には、あなたと妹の登録簿に父親の名前が記載されないので注意が必要です。 

何らかの理由で両親とも登録簿を作る意思がない場合には、あなた一人の登録簿を作ることが可能です。

但し、あなたの登録簿と繋ぐ方法で妹の出生整理をするのは不可能なので、妹もあなたと同じように一人で登録簿を作ってもらうことになります。

無料相談実施中

075-871-4573

営業時間:9:00~17:30
※夜間20時までは電話をお受けします(土日祝祭日除く)

ご連絡先はこちら

韓国家族関係登録簿整理申請支援事務所

住所

〒616-8171
京都市右京区太秦青木ヶ原町3-102

アクセス

JR嵯峨野線
「太秦(うずまさ)」駅徒歩7分

営業時間

平日  9:00~17:30
※夜間20時まで電話受付可能

075-871-4573

075-862-3117

mail@koreakoseki.com