パスポート取得や帰化申請前に韓国家族関係登録簿整理を忘れずに!日本で一番親切な韓国家族関係登録簿の専門事務所をめざして!韓日翻訳・日韓翻訳・正確迅速!

住所

〒600-8216
京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735番地1 京阪京都ビル8F

その他

平日 9:00~17:30

075-871-4573

お問合せフォームはこちら

質問21

娘は韓国籍に変えました。私の「朝鮮籍」を変えることなく私と娘の戸籍を作ることは可能でしょうか?

関東地方在住2世男性です。1世の父は、渡日後に故郷の親類によって失踪申告を出された後、虚偽の死亡申告により除籍され、その後他界しました。1世の母は、戸籍がありパスポートも持っています。私の兄弟は、母親の婚姻外の子として戸籍を作りパスポートを持っています。妻も戸籍がありパスポートを持っています。

問題は、私と娘です。私と娘は未だ戸籍がありません。娘は、既に嫁いで子をもうけました。娘は義父から早く戸籍を作って夫婦の婚姻申告と子の出生申告をするようせかされ困りきっています。私も妻や娘から毎日のように圧迫を受けています。
 

そこで相談です。私は「朝鮮籍」ですが、韓国籍に変える訳にはいきません。総連系の企業で生活の糧を得ているからです。「朝鮮籍」が共和国の国籍でないことは良く承知しています。私にとって「朝鮮籍」は「非韓国籍」としての価値であると言えます。

娘は韓国籍に変えました。私の「朝鮮籍」を変えることなく私と娘の戸籍を作ることは可能でしょうか? 因みに、私の「出生届の証明書」は、日本の役所に保存されていません。

ハードルが三つあります。
①「朝鮮籍」 であるあなたの出生申告
②「朝鮮籍」であるあなたと妻の婚姻申告
③「朝鮮籍」のあなたによる子の出生申告

とても微妙で重要な質問ですね。
まずはあなたの「朝鮮籍」に対する認識には敬意を表します。

ハードルが三つあります。①「朝鮮籍」 であるあなたの出生申告②「朝鮮籍」であるあなたと妻の婚姻申告③「朝鮮籍」のあなたによる子の出生申告。ここでは①のみ説明し②③は省略します。

ポイントを整理します。第一に、あなたの父親は、戸籍が無い状態で既に他界されたので、今から家族関係登録簿(戸籍)を作ることは原則不可能です。従ってあなたは、韓国の法律上は、母親の婚姻外の子として家族関係登録簿を作ることになります。

第二に、あなたの「出生届の証明書」が無いので、「在外国民の家族関係登録創設、家族関係登録簿訂正及び家族関係登録簿整理に関する特例法」による出生整理の方法は不可能であり、「家族関係の登録等に関する法律」による出生申告の方法を採らざるを得ません。

母親の婚姻外の子の出生申告は、母親本人が申告人になるのが"ほぼ”絶対条件です。


最も確実な方法は、母親が登録基準地の面事務所に出向いて、直接現地であなたの出生申告をすることです。この場合には、出生者の在外国民登録簿謄本(領事館発行)の提出は義務付けられていませんので、あなたの「朝鮮籍」は法律的には問題ありません。


出生申告の具体的方法は、現地の面事務所の要求通りにするのが一番確実です。

母親が申告人になって国際郵便でも申告が可能ですが、婚姻外の子の出生申告は、婚姻中の子の出生申告に比べて数段厳密に審査されますので注意が必要です。

特に「朝鮮籍」の書類に関しては、面事務所の担当者にも依りますが一般的には印象が良くないですし、時々「北朝鮮国籍」と間違われることもあります。この場合には受理されません。


領事館は、「朝鮮籍」の書類は原則扱いませんので、この出生申告を、領事館を通してすることは不可能です。つまり「門前払い」です。

無料相談実施中

075-871-4573

営業時間:9:00~17:30
※夜間20時までは電話をお受けします(土日祝祭日除く)

ご連絡先はこちら

韓国家族関係登録簿整理申請支援事務所

住所

〒600-8216
京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735番地1
京阪京都ビル8F

アクセス

JR京都駅 徒歩5分

営業時間

平日  9:00~17:30
※夜間20時まで電話受付可能

075-871-4573

075-862-3117

mail@koreakoseki.com