パスポート取得や帰化申請前に韓国家族関係登録簿整理を忘れずに!日本で一番親切な韓国家族関係登録簿の専門事務所をめざして!韓日翻訳・日韓翻訳・正確迅速!

住所

〒600-8216
京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735番地1 京阪京都ビル8F

その他

平日 9:00~17:30

075-871-4573

お問合せフォームはこちら

質問22

母と私そして妹の戸籍整理をして韓国パスポートの申請をしたいと思っています。戸籍整理をどのように進めて行けば良いでしょうか?

今回、母と私そして妹の戸籍整理をして韓国パスポートの申請をしたいと思っています。
両親は離婚しています。父親とは連絡を取っていません。多分国籍変更や戸籍整理はしていないと思います。母の兄弟は全員戸籍整理済みです。
私と妹の本籍は生まれた時のまま父方の本籍です。

戸籍整理をどのように進めて行けば良いでしょうか?

(兵庫県在住、3世女性) 

家族関係登録簿の正しい整理方法は、事実通りに整理することです。

家族関係登録簿(以前の戸籍のこと)の正しい整理方法は、事実通りに整理することです。つまり出生届・婚姻届・離婚届などを日本の役所に届出をした通りに韓国へも申請することです。 

父親の登録簿を作った上で、父母の婚姻申告、姉妹の出生申告、父母の離婚申告をする必要があります。
但し、何らかの理由で父親と連絡がとれない又は、とりたくない場合には、省略して整理することが可能です。

つまり、韓国の法律上は、母親の婚姻外の子として姉妹の「出生整理申請」をすることが可能です。


姉妹の登録基準地(以前の本籍のこと)は、この場合には母親と同じにして申請するのが一般的ですが、特に希望する場合は、父方と同じにして申請することも可能です。

無料相談実施中

075-871-4573

営業時間:9:00~17:30
※夜間20時までは電話をお受けします(土日祝祭日除く)

ご連絡先はこちら

韓国家族関係登録簿整理申請支援事務所

住所

〒600-8216
京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町735番地1
京阪京都ビル8F

アクセス

JR京都駅 徒歩5分

営業時間

平日  9:00~17:30
※夜間20時まで電話受付可能

075-871-4573

075-862-3117

mail@koreakoseki.com