パスポート取得や帰化申請前に韓国家族関係登録簿整理を忘れずに!日本で一番親切な韓国家族関係登録簿の専門事務所をめざして!韓日翻訳・日韓翻訳・正確迅速!

住所

〒616-8171
京都市右京区
太秦青木ケ原町3-102

その他

平日 9:00~17:30

075-871-4573

お問合せフォームはこちら

質問24.

日本で生まれた場合、自動的に日本国籍が付与されるようなのですが、韓国籍を持たせることはできないのでしょうか?  

私は在日2世の男ですが、日本人女性との結婚を考えています。子供ができた場合に、国籍は韓国籍にしたいと考えています。ただ日本で生まれた場合、自動的に日本国籍が付与されるようなのですが、韓国籍を持たせることはできないのでしょうか?  

日本も韓国と同じく「父母両系血統主義」を採用しています。
父親または母親が日本国籍の場合、子どもは当然日本国籍になります。

日本も韓国と同じく「父母両系血統主義」を採用しています。父親または母親が日本国籍の場合、子どもは当然日本国籍になります。(1985年法改正、それまでは父系優先血統主義) 

あなたのケースでは、韓国領事館にて子どもの「韓国籍留保」の手続きをする必要があります。但し、あなたが韓国の家族関係登録簿(以前の戸籍のこと)に記載されていれば、の話です。
なぜなら、韓国・家族関係登録簿に記載されている人が韓国の国民であるからです。
父親または母親が韓国籍でなければ、子の韓国籍留保はできません。 

男子は17歳までに、女子は22歳までに韓日どちらかの国籍を選択することになります。それまではいわゆる「二重国籍」です。 

駐○○韓国総領事館の話では、実際に「韓国籍留保」の手続きをする例は、殆ど無いそうです。

無料相談実施中

075-871-4573

営業時間:9:00~17:30
※夜間20時までは電話をお受けします(土日祝祭日除く)

ご連絡先はこちら

韓国家族関係登録簿整理申請支援事務所

住所

〒616-8171
京都市右京区太秦青木ヶ原町3-102

アクセス

JR嵯峨野線
「太秦(うずまさ)」駅徒歩7分

営業時間

平日  9:00~17:30
※夜間20時まで電話受付可能

075-871-4573

075-862-3117

mail@koreakoseki.com