パスポート取得や帰化申請前に韓国家族関係登録簿整理を忘れずに!日本で一番親切な韓国家族関係登録簿の専門事務所をめざして!韓日翻訳・日韓翻訳・正確迅速!

住所

〒616-8171
京都市右京区
太秦青木ケ原町3-102

その他

平日 9:00~17:30

075-871-4573

お問合せフォームはこちら

質問30

息子二人の姓(名字)の変更はどうしたらいいの?

すべて自分で手続きしたいと思っている在日三世です。離婚して10年になります。
息子二人の姓(名字)を別れた夫の姓から私の姓に変更する場合、

  1. 家庭法院に直接書類を持って行くのが確実ですか?
  2. 必要提出書類を教えて下さい(領事館でもらえますか?)
  3. 全羅南道宝城郡〇〇邑〇〇里の管轄家庭法院はどこになりますか?

よろしくお願い致します。

(大阪府在住、3世女性)

 

お答えします。

  1. 家庭法院へ直接申請書類を持って行っても、郵送しても大差ないと思います。
  2. 必要書類は、正式には該当する法院に聞いてください。領事館が教えてくれるなら教えてもらってください。
  3. 韓国内に住所のない在外国民の姓・本(始祖の出身地のこと)の変更許可請求については、事件本人・申請人の登録基準地に関係なく、全て「ソウル家庭法院」に申請することになっています。

問題は、あなたのお子様の場合に、姓の変更請求が許可されるかどうかです。
許可基準について説明します。

韓国民法は、姓・本の変更許可基準として、子の福利のみを規定しています。
あなたが再婚して子ができたとします。当然にこの子の姓は新しい夫の姓です。継父と同居している前夫とのあいだの子が苦痛を受ける可能性があるので、その子の福利のために、継父との間の子と同じ姓にする場合には許可が前向きに検討される、ということです。つまり継父による姓・本変更請求については概ね前向きに検討されます。

再婚に関係しない姓・本変更請求については、少なからず否定的な立場を取っています。
離婚又は死別後、再婚せずに母の姓・本への変更を申請する場合は、子の福利よりは母の感情が介入する場合が多いからです。

無料相談実施中

075-871-4573

営業時間:9:00~17:30
※夜間20時までは電話をお受けします(土日祝祭日除く)

ご連絡先はこちら

韓国家族関係登録簿整理申請支援事務所

住所

〒616-8171
京都市右京区太秦青木ヶ原町3-102

アクセス

JR嵯峨野線
「太秦(うずまさ)」駅徒歩7分

営業時間

平日  9:00~17:30
※夜間20時まで電話受付可能

075-871-4573

075-862-3117

mail@koreakoseki.com